14.6.3 USBメモリプリントに関する注意制限

(1) USBメモリ挿入時の注意事項
  USBメモリは1個のみ認識する.

(2) USBメモリの強制取り外し時の注意事項
  USBメモリを挿入後,「USBメモリの取り外し」ボタンを押下せずにUSBメモリを取り外した場合,USBメモリ内のデータが破損する場合がある.
  また,USBメモリ内のファイル検索中にUSBメモリを取り外した場合,ファイル検索が即時終了しない場合がある.

(3) 暗号化されているUSBメモリの注意事項
  USBメモリ自体が暗号化されている場合,USBフラッシュメモリ内のファイルを読み込めないためUSBメモリプリント機能およびUSBメモリスキャン機能を利用できない.

(4)ファイル検索時の注意事項
  次の状態に該当するファイルはUSBメモリ印刷ができないため,印刷ジョブ一覧画面に表示されない.

14-6-3_1.png

(5) ファイル検索にかかる時間について
  既定では,USBメモリ内のフォルダに保存されている印刷可能ファイルを検索するが,ファイル数が多い場合は検索時間が長くなる.この場合は,印刷対象のファイルのみルートフォルダに保存することで,検索時間が短縮される.

(6) 用紙サイズ選択の注意事項
  TIFFやJPEGなど,用紙サイズが不定形なものについては,用紙サイズをA4かA3から選択する必要がある.選択したサイズに拡大縮小されて出力される.

(7) 印刷できないExcelファイル
  Word形式の埋め込みオブジェクトが存在し,かつ,この埋め込みオブジェクトがページの端に位置しているExcelファイルは,印刷できない場合がある.